解熱剤で治療するよりリレンザを使おう

インフルエンザが流行の季節に入ると、病院に行くのを忌避する人が出てきます。いくらマスクをつけたとしても待合室などで咳をしている人の近くには座りたくないという気持ちが働くのは当然でしょう。予防接種を受けたとしてもインフルエンザの感染そのものを防ぐことは出来ない為、全ての人は感染してしまう可能性を持っています。

この時期に発熱した場合、自分でただの風邪と自己判断して、市販の解熱剤を服用して熱を下げようとする人がいますが、それは危険な行為であることを覚えて下さい。インフルエンザに限らず、解熱剤というのはあくまで一時しのぎの薬ですし、用法・用量を間違えると、かえって熱が下がり過ぎてしまい、低体温症に陥る危険性があるのです。

インフルエンザの治療薬にはタミフルやリレンザがありますが、タミフルは内服することでインフルエンザウイルスを殺す効果があり、リレンザは吸入して肺に留まり、ウイルスの増殖を防ぐ効果があります。どちらも処方薬なので医師の処方を受ける必要があります。もし、インフルエンザの反応が出ていなくても、予防的に処方される場合があるので相談してみると良いかもしれません。
タミフルは直接体内に取り込まれるので、効果が強い分、副作用の危険性もあります。アナフィラキシーショックや呼吸困難などの事例も報告されているので、心配な方はリレンザの方を選ぶと良いでしょう。

リレンザは肺に留まって体内には吸収されないので、副作用の心配は殆どありません。市販の解熱・鎮痛効果がある薬を自己判断で服用するのは、リスクが伴うという事をしっかり自覚して、可能な限り病院を受診して、医師の処方を受けてリレンザを使う事を強くおすすめします。