リレンザはネット通販のほうが財布の痛みが少ない

インフルエンザにはなりたくない、病院に行く時間はないし、何よりお金がかかる。そんな人はネット通販を利用すると良いでしょう。
リレンザはインフルエンザの予防と治療ができる薬です。処方箋が必要な薬なため、ドラッグストアや薬局では購入することができない薬です。国内でも医師の処方箋があれば、予防薬として処方してもらうことは可能なのですが、その場合は健康保険を利用することができないのです。そのため、全額自費負担になり、医療機関によって料金は変わってきますが、10日分の予防用のリレンザを貰うのに6000円程度かかってしまうため、お財布が痛みます。安くリレンザを購入し、予防や治療に役立てたいなら、ネット通販があります。ネット通販で購入できるリレンザは、海外で医薬品として販売されているリレンザを個人輸入するという形になります。成分や容量は変わりないため、一度リレンザを使ったことがある人なら同じ要領で使うことが可能です。「医薬品を個人輸入して、法律とか大丈夫?」と思う人もいるでしょう。しかし、個人で利用する範囲内でならば、医薬品の輸入は可能なのです。この場合には日本の医者から処方箋を貰い購入する価格の半額程度~3分の2の価格で購入することが可能なのです。予防薬として使いたい、万が一インフルエンザに感染しても、病院に行くのが嫌だ、という人が利用しています。しかし、医薬品の個人輸入には注意点があります。国内で処方・販売されている薬ならば重篤な症状が出たときには国の補償があります。しかし、海外から個人輸入したものに関しては、国の補償などはなく、全て自己責任で使用しなければなりません。そこだけ理解していれば、お財布のためにも個人輸入を使うのもありかもしれません。