ワクチン値上げの前にリレンザを通販しよう

12月から3月にかけては、インフルエンザが流行する季節なので、人通りの多いところに外出するときはマスクをつけて出かけた方が安全です。
クリスマスやお正月など、この時期は色んなイベントがありますし、年末年始は田舎で過ごす方も多いので、出かけたくなる気持ちはわかりますが、人混みを歩いていると、くしゃみや咳が飛んできて、感染してしまう可能性があるので注意が必要です。
数日間の潜伏期間を経て、インフルエンザにかかると、全身の筋肉や関節が痛んだり、頭痛や吐き気、高熱、下痢などが起こって、布団から出られなくなってしまうので、少しでも調子が悪いと感じたら早めにリレンザのような薬で対処するようにしましょう。
リレンザは、発症から48時間以内の使用で高い効果を発揮する、インフルエンザ治療薬のひとつです。
タミフルのような経口薬とは違って、吸入薬なので、慣れないうちは使いにくいと感じますが、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用を持つため、早く摂取すればするほど、症状を軽減させ、回復に導くことが出来ます。
病院へ行けば、いつでもリレンザを処方してもらえますが、ワクチンというものはいつ値上げが起きるかわからないので、以前にもらったときよりも、価格がアップしていることもあります。
年末年始はただでさえお金がたくさん必要になるのに、値上げされると余計な出費がかかるので困りますが、個人輸入代行通販なら、安いところを探して注文できるのでおすすめです。
病院で薬をもらうときは、請求された金額を払わなければならないので、高くなっていても、文句を言うことは出来ません。
しかし通販なら、自分で安いサイトに絞って注文できるので、損したような気にならずに済みます。

リレンザは行政の備蓄650万人分削減

新型インフルエンザの対策を検討する内閣官房の分科会は、2015年10月16日に、国と都道府県などの行政で備蓄する治療薬の量を650万人分を削減するという提言をまとめました。
製薬会社などでの備蓄量は600万人分増やし、人口の45%としてきた全体の備蓄量の目標は維持することになりますが、インフルエンザは冬になると猛威をふるうため、病院によっては足りなくなる可能性があります。
せっかく病院に行っても、薬がなければどうしようもないので、冬が近づいたら個人輸入代行通販でリレンザを購入し、備えておくことをおすすめします。
リレンザさえ自宅にあれば、A型やB型のインフルエンザにかかったときにすぐに使用できますし、48時間以内なら、高い効果を発揮するので、重症化する前に治せます。
インフルエンザを風邪のように甘く考えている方もありますが、子供や高齢者、妊婦などがかかると、抵抗力が弱いので重症化するかも知れません。
数日間も入院して、治療を受けることになると、かなりの病院代がかかりますから、そこまで重症化したくないなら、事前にリレンザ購入しておき、風邪のような症状があらわれたら、すぐに使用するようにしてください。
ひとつだけだと、家族が次々に感染したときに困りますから、家族全員の分を買っておくと安心です。
個人輸入代行通販の多くは、ひとつだけ買うよりも、複数個を買った方が安くなるので、出来るだけまとめ買いをした方が良いでしょう。
送料無料で利用できるサイトなら、薬代のみの支払いで済むので、まずはインターネットでサービスの良いサイトを探すことから始めましょう。
リレンザにはジェネリック医薬品もあるので、費用を抑えたいならそれを選んでください。

リレンザにアレルギーに関する慎重投与の項目追加

リレンザは、厚生労働省も認めている通り、一般的には安全に使用できる抗インフルエンザ薬ですが、人によっては副作用が起きることがあるので、使用の際は注意するようにしてください。
吸入薬という性質上、気管支喘息など、呼吸器に病気のある人が使用すると、発作が誘発され、吸入後すぐにゼーゼーや、ヒューヒューと息苦しくなることがありますし、蕁麻疹が出来たりもするので、気を付ける必要があります。
ぜんそく用吸入薬を併用するなら、ぜんそく用の吸入薬の方から先に使用して、リレンザはそのあとで使うようにしましょう。
厚生労働省は2013年の2月に、2009~12年のあいだ、リレンザを吸入した患者3人が、副作用とみられるアレルギー性ショックを起こし、そのうち1人が死亡していたと発表しました。
リレンザは年間推計170万人が使用しているので、そのようなことはまれにしか起こりませんが、厚生労働省は、薬の使用上の注意書きに、重大な副作用として、ショックを加えるよう指導しています。
死亡した女性は、リレンザを吸入した数分後に呼吸困難となり、手足が硬直し、まもなく死亡したのですが、その方には気管支ぜんそくの発症歴があり、リレンザ吸入当日には発熱と感染性胃腸炎による嘔吐もあったようです。
リレンザにアレルギーに関する慎重投与の項目が追加されたことは気になる点ですが、ほとんどの方には深刻な副作用は起こらないので、それほど怖がる必要はありません。
他の副作用には、顔や上半身のほてりや蕁麻疹、口唇や舌、手足の痺れ、吐き気、顔面蒼白、冷や汗、息苦しさ、下痢、首や背中の痛みなどがありますが、リレンザ使用後にこれらの症状が起こったら、すぐに病院を受診するようにしてください。
■薬常備でもう怖くない!インフルエンザ
インフルエンザ 薬